トップページ> 各機能 > 物理シミュレーション

おっぱいぷるんぷるん機能 主に女性アバターの胸を揺らす

 iCloneには、結構古いバージョンから「おっぱいぷるんぷるん機能」としか呼びようのない、煩悩機能がついている。


▲iClone5に付属している女性アバターで、おっぱいぷるんぷるんしてみた動画

 マニュアルには「Body Parts Bouncing」(体の一部を揺らす)と書いてあるけども、もういっそのこと「乳揺らし機能」でよいのではないか。

 このぷるんぷるん機能は、女性アバターの胸にのみ設定されている。女性アバターをシーンにぽん、と置いて適当なアニメーション(ダンス系がわかりやすい)を適用すると、ぷよんぷよんと女性アバターの胸が揺れるのだ。その光景は、決して家族に見られないよう注意を払わなければならない。私も、妻がコンビニに出かけたスキに、この記事を書いているくらいだ。

 そのままでも、ぷるんぷるんさせることはできるが、今回は揺れをわかりやすくする方法を紹介してみたい。

派手におっぱいぷるぷるさせる設定

 まず、シーン内に女性アバターを呼び出す。

 そんでもって、揺れをわかりやすくするため、女性アバターの胸を大きくしてみよう。

  • 画面上部メニュー「Actor」→「Avatar」を選択
  • 画面右の「Modify」から「Avatar Proportion」をクリック
  • Avatar Propotionウインドウが表示されるので、「Mirror」にチェックを入れ、アバターの胸(右、左どちらでもOK)をクリック
  • Scale:のWidth、Length、Depthを好きなように調整する

 あまりマックスに大きくすると形が崩れてくるのでほどほどにしておこう。

 これだけでもう、おっぱいぷるんぷるん動画は手に入ったも同然だけども、こちらのパラメータも少しいじっておこう。

  • (画面上部メニュー「Actor」→「Avatar」を選んだ状態で)画面右のModifyのSpringにて、「Spring Effect」にチェックを付ける。
    • Mass(重量)大きめ
    • Strength(ばねの強さ)小さめ
    • Bounciness(揺れ具合)大きめ

 これで、とってもわかりやすくぷるんぷるんと揺れる。ちなみに、以下の設定にすると胸は大きく変形するけども、揺れが控えめになり「ふわん、ふわん」という控えめな感じでかつ、リアルな感じの揺れになる。

  • Mass(重量)大きめ
  • Strength(ばねの強さ)小さめ
  • Bounciness(揺れ具合)小さめ


▲ふわんふわん揺れる設定


▲ふわんふわん設定での動画

 まあ、そんな感じ。いくらおっぱいとは言え、ずーっと揺れてるのを見てると飽きてしまうよなあ、とか思いつつ、今回の覚書を終わる。

関連:

iCloneは、あらかじめ用意された人体モデル、外見データ、小物、音声、モーション、背景、エフェクトを組み合わせて、リアルタイムにムービー(マシニマ)を作ることができる環境です。CrazyTalkと組み合わせると、より高度なフェイシャルアニメも実現可能。
トップページ> 各機能 > 物理シミュレーション もくじ